リフォームコンタクトTOP > 外構・エクステリアリフォーム > 門まわり > 狭い敷地でもできる!引き戸・伸縮門扉の活用方法
外構・エクステリアリフォームまる得情報 門まわり編 門まわり 庭・テラス カーポート 車庫まわり フェンス

狭い敷地でもできる!引き戸・伸縮門扉の活用方法

防犯や子どもの安全、デザインのために門まわりをプランニングしようと考えていても、
敷地の狭さや、形の制限から多くのスペースを裂くことはなかなか難しいものです。

ここでは、限られたスペースに合わせて実現できる門づくりのアイディアをご紹介します。

奥行きが取れない場合は引戸タイプの門扉

引戸タイプの門扉

玄関先の奥行きのスペースが限られていて通常の扉の設置が難しい場合に活用したいのが、引戸タイプの門扉です。

このタイプは、扉をスライドする横方向のスペースがあれば設置が可能です。

また、道路からすぐに階段がはじまっている場合でも、引戸タイプの門扉なら段差にぶつかってしまうことがないため、安全に設置できます。

最近では、扉の開閉が静かでスムーズになっているほか、床面にレールが不要で段差がなくバリアフリーを意識したもの、扉を押さえるローラーが見えないものなど、使い勝手に配慮した引戸も多く登場しています。

また、格子状のものや光を通すポリカーボネートを使用したものなど、扉の素材やデザインもバリエーション豊かで、建物や玄関ドア、植栽とのトータルコーディネートも楽しめます。

伸縮門扉なら横幅がなくても大丈夫

玄関先の奥行きが狭いだけでなく、引戸の扉をスライドする横方向のスペースも確保できない住宅でも、門扉を取り付けることができます。

伸縮門扉

こういった場合には、伸縮タイプの門扉が活躍してくれます。

伸縮門扉の特長は、さまざまな横幅に柔軟に対応できることで、間口の幅を選ばず設置できます。

また、レールやキャスターが不要で、床面に多少の傾斜や凹凸があっても設置できるタイプのものも多く、レールに落ち葉やゴミなどが詰まって操作がしづらくなる心配がありません。
そして、伸縮門扉は開閉音が非常に静かで、スムーズに使用できます。

さらに、折りたたんだ扉によって間口が狭くなるのを防ぐため、扉が折りたたまれた状態で塀の内側に回転させることができるタイプなど、機能性の高いものも登場しています。

伸縮門扉を上手に活用すれば、間口の広さを最大限に活用することができます。

玄関ポーチに門扉を設置しよう

玄関前にアプローチがほとんどなかったり、門扉を取りつける門柱や門袖の設置が難しかったりする場合、門扉の取り付けを諦めてしまうのが一般的です。

玄関ポーチの門扉

しかし、玄関まわりが狭い場合でも、玄関ドアの前にはタイル貼りなどで施工された「ポーチ」と呼ばれるスペースはあります。

実は、このポーチをフェンスと門扉で囲うだけでも、十分な安全性・防犯性を確保することができるのです。

ポーチは多くの場合、1面は玄関ドアのある外壁に接しているため、残りの3面をフェンスと門扉で囲うことになります。

そしてポーチを囲う際、もっとも注意したいポイントは扉の配置です。
玄関ドアは外開き、ポーチに設置する門扉は内開きになるので、これらを開けたときにぶつからないように、また出入りするときには邪魔にならないように配置しなければなりません。

ポーチの広さや形に合った大きさのフェンスと門扉を選び、適切に配置するよう注意し、安全で使いやすい玄関まわりをつくりましょう。

スペースが狭かったり、段差があったりといった理由で門扉を設置していない住宅でも、アイディアと工夫次第で機能性とデザイン性を備えた門扉の設置できます。
専門家に相談するなど、しっかりとしたプランを立て、安心・安全な門づくりを実現しましょう。

[無料][匿名]たった3分で、ご相談・お見積

個人情報を伝える事なく、リフォーム会社に相談・見積でき、気軽にじっくりと依頼先を探せます。

お客様タイプ別!外構・エクステリアリフォームのポイント!

お客さまのお悩みやリフォームでのポイントを大きく3つの状況に分け、ご紹介いたします。

  • CASE1

    初めてのエクステリア・ガーデン工事
    戸建てを購入したが、生活していくなかで不便な部分が見えてきた。
    詳しくはこちら

    カテゴリ別 丸得情報

  • CASE2

    エクステリアリフォームでもっと快適に
    生活スタイルが変化した事で、新たな要望・悩みが出てきた。
    詳しくはこちら

    カテゴリ別 丸得情報

  • CASE3

    憧れのエクステリア空間を楽しむ
    ワンランク上のリフォームで、思い描いた魅力的な居住空間を手に入れる。
    詳しくはこちら

    カテゴリ別 丸得情報

『外構』『エクステリア』リフォーム総合情報ページはこちら

「こんなリフォームがしたい!」と思ったら

リフォームの具体的なイメージができたら、まずはエクステリアリフォームのプロに相談しましょう!

リフォーム会社を自分だけで探すのはとても大変。
何社ものリフォーム会社を家に呼ぶのは少し不安。

住まいと暮らしの総合住生活企業のLIXIL運営エクステリアリフォームの専門家をご紹介できるリフォームコンタクトに相談ください!

エクステリアリフォームでリフォームコンタクトが選ばれる3つの安心ポイント!

ポイント1

住まいと暮らしの総合住生活企業のLIXIL運営厳しい加盟店審査をクリアしたリフォーム会社の中から最大8社をご紹介。

LIXILって?
住まいのトップブランドがひとつになって生まれた会社だからこそ提供できる優れた製品とサービスを提供できます。

あなたのリフォームをもっと魅力的に!

LIXILならではの
デザイン・機能性にこだわったエクステリアリフォーム商品も紹介できるんです。

  • カーポート

    アーキフィールド
    カーポートの他、ガーデニング空間や玄関アプローチとしても活用できます。
  • 門まわり

    ライシスフェンス
    デザインもサイズも選べるから、門扉や車庫まわりのコーディネートが自在です。
  • バルコニー

    ビューステージSスタイル
    豊富なバリエーションであらゆる住宅に調和するバルコニーです。
  • ガーデンテラス

    樹の木テラス
    ウッドデッキに屋根をつけて、晴れの日も雨の日も心地よい空間に。

ポイント2 だれでも簡単操作のマイページで検討匿名で自分のペースでエクステリアリフォーム会社を選べるのでとっても安心!

リフォームコンタクトなら匿名で相談ができるのでしつこい営業がなく、
お断りするのも簡単。24時間自分のペースで納得できる
リフォーム会社をえらぶことができます。

マイページの便利な使い方

ポイント3 保険制度が充実リフォーム瑕疵保険を使えるから安心!

厳選されたリフォーム会社のみをご紹介しておりますが万が一の欠陥等の不具合には、
無償で直してもらえる瑕疵保険が使えます。工事完了後もしっかりサポートするので安心です。

瑕疵保険って?
リフォーム瑕疵保険とは、リフォーム時の検査と保証がセットになった保証制度です。リフォーム工事の施工中や工事完了後に、第三者検査員 (建築士)による現場検査を行います。また、後日、工事に欠陥が見つかった場合は、無償で直してもらうことができます。

建築士(第三者機関)による検査 リフォーム工事の補修費をまかなう保険金

矢印

匿名でご相談・お見積

個人情報を伝える事なく、リフォーム会社に相談・見積でき、気軽にじっくりと依頼先を探せます。


  • リフォームコンタクトが選ばれる3つのポイント
  • ポイントその1 総合住生活企業のLIXIL(リクシル)が運営するサイト
  • ポイントその2 お探し方法は2つ。お好みに合わせて無料でご相談可。
  • ポイントその3 リフォーム瑕疵保険を使うことができる!

個人情報をSSLで暗号化し、
保護しておりますので、安心
してご利用いただけます。
地域でリフォーム会社を検索されたい方はこちらから

リフォームコンタクトでは、窓まわりのリフォームなど、審査基準をクリアーした
リフォーム会社をご紹介いたします。