外構・エクステリアリフォームまる得情報 庭・テラス編 門まわり 庭・テラス カーポート 車庫まわり フェンス

テラスの囲い その種類と選び方

テラスは明るく開放的なスペースですが、囲いや屋根を設けることで物置や物干しとしても利用できます。
また「ガーデンルーム」は、大きくとられた折戸を季節や天候に応じて開閉できるので、外の開放感と室内の快適性を併せ持っていると話題になっています。

ここではテラスをより有効に活用するための「テラス囲い」について、その種類と選び方をご紹介します。

テラス囲いの種類とは

テラスは屋外にあるので風通しが良く、天気が良い日にはバーベキューやランチ、ティータイムなどが楽しめる憩いの場として利用されます。

ここに「テラス囲い」を設置すれば、天候や季節に左右されにくい、さまざまな用途で利用できる空間を作り出すことができるのです。

「テラス囲い」とはテラス屋根商品に、ガラスが入ったアルミ製のサッシなどを装備することで、簡易的な雨風よけを設置することを言います。

ポリカーボネート板を使った屋根とガラスを使った囲い部分ポリカーボネート板を使った屋根とガラスを使った囲い部分

また、テラス囲いの素材や仕様もさまざまです。
屋根や側面は軽くて丈夫なポリカーボネート板が基本ですが、このポリカーボネートは色の種類も多く、素材も熱を吸収するもの、紫外線をカットするものなどがあります。

出入口は開口部が大きく取れる折戸、土間引戸、ドア式など各家庭に合ったものが選べる商品もあるようです。

あなただけのテラス空間 バリエーションやオプションを使いこなす

テラス囲いを設置する際には、どのような用途で使うかをきちんとイメージしておくことが大切です。
それによって種類やサイズ、設置方法などが異なり、費用や工事の規模が大きく変わってくるからです。

例えば、自転車やアウトドア用品などは、家の中には置きたくないけれど、雨で濡らしたくないはずです。
そのような物を収納するならば、「波板囲い」がおすすめ。
限られたスペースを波板で囲むだけなので費用が抑えられ、雨風などが防げる物置スペースを設置することができます。

洗濯物を干す際に外からの視線が気になるのであれば全面を囲うのではなく、視線が気になる方向だけに目隠し用のすりガラス状パネルを設置するなど、素材や囲い方を工夫するだけでアレンジのバリエーションは広がります。

すりガラス調のポリカーボネートパネルすりガラス調のポリカーボネートパネル

また、オプションで物干し用ポールや棚、折りたたみ式の日よけ、カーテンレールなどが取り付けられる製品もあるので、それらをうまく利用してオリジナリティの高い「テラス囲い」を実現しましょう。

花粉や大気汚染物質PM2.5、ハウスダストの予防にも役立つテラス囲い

近年、明るいお日様の下で洗濯物をスッキリ乾かしたいと思っても、花粉や大気汚染微小粒子状物質(PM2.5)などの対策を考えると、室内干しになってしまうという声が多く聞かれます。
他にも「仕事で帰りが遅く、洗濯物が長時間干しっぱなしになってしまう」「海が近く、風向きによっては潮風で洗濯物がベタベタする」といった理由で室内干しをしている人もいると思います。

そんなとき、強い味方になってくれるのがテラス囲いです。

テラス囲いなら室内同様に花粉などの外気の影響をシャットアウトできる上、囲いや屋根越しの日差しもあるので、通常の室内干しよりも格段に早く乾きます。
さらにオプションで換気扇を取り付ければ、室内干し独特の臭いや、室内干しで懸念されるカビの発生も防ぐことができます。


このように「テラス囲い」の種類も設置方法もさまざまなので、明るいリビングとして家族でくつろぐ、趣味の場所にする、ペットとゆったり過ごすなど、それぞれのライフスタイルに合わせて幅広く利用できます。

また「テラス囲い」を設置することで「天候に関係なく洗濯物を乾かせる」「物置スペースを雨風から守れる」といった大きなメリットもあるのです。

[無料][匿名]たった3分で、ご相談・お見積

個人情報を伝える事なく、リフォーム会社に相談・見積でき、気軽にじっくりと依頼先を探せます。

お客様タイプ別!外構・エクステリアリフォームのポイント!

お客さまのお悩みやリフォームでのポイントを大きく3つの状況に分け、ご紹介いたします。

  • CASE1

    初めてのエクステリア・ガーデン工事
    戸建てを購入したが、生活していくなかで不便な部分が見えてきた。
    詳しくはこちら

    カテゴリ別 丸得情報

  • CASE2

    エクステリアリフォームでもっと快適に
    生活スタイルが変化した事で、新たな要望・悩みが出てきた。
    詳しくはこちら

    カテゴリ別 丸得情報

  • CASE3

    憧れのエクステリア空間を楽しむ
    ワンランク上のリフォームで、思い描いた魅力的な居住空間を手に入れる。
    詳しくはこちら

    カテゴリ別 丸得情報

『外構』『エクステリア』リフォーム総合情報ページはこちら

「こんなリフォームがしたい!」と思ったら

リフォームの具体的なイメージができたら、まずはエクステリアリフォームのプロに相談しましょう!

リフォーム会社を自分だけで探すのはとても大変。
何社ものリフォーム会社を家に呼ぶのは少し不安。

住まいと暮らしの総合住生活企業のLIXIL運営エクステリアリフォームの専門家をご紹介できるリフォームコンタクトに相談ください!

エクステリアリフォームでリフォームコンタクトが選ばれる3つの安心ポイント!

ポイント1

住まいと暮らしの総合住生活企業のLIXIL運営厳しい加盟店審査をクリアしたリフォーム会社の中から最大8社をご紹介。

LIXILって?
住まいのトップブランドがひとつになって生まれた会社だからこそ提供できる優れた製品とサービスを提供できます。

あなたのリフォームをもっと魅力的に!

LIXILならではの
デザイン・機能性にこだわったエクステリアリフォーム商品も紹介できるんです。

  • カーポート

    アーキフィールド
    カーポートの他、ガーデニング空間や玄関アプローチとしても活用できます。
  • 門まわり

    ライシスフェンス
    デザインもサイズも選べるから、門扉や車庫まわりのコーディネートが自在です。
  • バルコニー

    ビューステージSスタイル
    豊富なバリエーションであらゆる住宅に調和するバルコニーです。
  • ガーデンテラス

    樹の木テラス
    ウッドデッキに屋根をつけて、晴れの日も雨の日も心地よい空間に。

ポイント2 だれでも簡単操作のマイページで検討匿名で自分のペースでエクステリアリフォーム会社を選べるのでとっても安心!

リフォームコンタクトなら匿名で相談ができるのでしつこい営業がなく、
お断りするのも簡単。24時間自分のペースで納得できる
リフォーム会社をえらぶことができます。

マイページの便利な使い方

ポイント3 保険制度が充実リフォーム瑕疵保険を使えるから安心!

厳選されたリフォーム会社のみをご紹介しておりますが万が一の欠陥等の不具合には、
無償で直してもらえる瑕疵保険が使えます。工事完了後もしっかりサポートするので安心です。

瑕疵保険って?
リフォーム瑕疵保険とは、リフォーム時の検査と保証がセットになった保証制度です。リフォーム工事の施工中や工事完了後に、第三者検査員 (建築士)による現場検査を行います。また、後日、工事に欠陥が見つかった場合は、無償で直してもらうことができます。

建築士(第三者機関)による検査 リフォーム工事の補修費をまかなう保険金

矢印

匿名でご相談・お見積

個人情報を伝える事なく、リフォーム会社に相談・見積でき、気軽にじっくりと依頼先を探せます。


  • リフォームコンタクトが選ばれる3つのポイント
  • ポイントその1 総合住生活企業のLIXIL(リクシル)が運営するサイト
  • ポイントその2 お探し方法は2つ。お好みに合わせて無料でご相談可。
  • ポイントその3 リフォーム瑕疵保険を使うことができる!

個人情報をSSLで暗号化し、
保護しておりますので、安心
してご利用いただけます。
地域でリフォーム会社を検索されたい方はこちらから

リフォームコンタクトでは、窓まわりのリフォームなど、審査基準をクリアーした
リフォーム会社をご紹介いたします。