リフォームコンタクトTOP > 外構・エクステリアリフォーム > 庭・テラス > スロープやウッドデッキもバリアフリーに
外構・エクステリアリフォームまる得情報 庭・テラス編 門まわり 庭・テラス カーポート 車庫まわり フェンス

家族のことを考えた庭づくり
スロープやウッドデッキもバリアフリーに

高齢になると、少しの段差でも危険が伴います。
また、車いす利用者の場合は、段差の多い環境では移動もしづらくなります。

家族全員が快適な毎日を送るためのバリアフリーについて考えてみましょう。

スロープの活用方法と注意点

従来の日本家屋は段差が多く、間口も狭いため、車いす生活の方には暮らしにくい面を多く持ちあわせています。 最近では室内にバリアフリー工事を施し、快適な住空間を求める方が増えてきました。
こうした改良工事のおかげで、今まで億劫に感じていた室内の移動が自分でもできるようになり、寝たきりを防止するなどの効果が見られています。

スロープの活用方法と注意点

また、段差は室内だけでなく、住宅の屋外でも見られます。
門付近から玄関扉まで段差が見られるのは建築基準法によるもの。

湿気の多い日本では通気をよくするために1階の床面を地面から450㎜以上高くするように定められています。
この法律により外から玄関に行くまでに数段の段差が生じているケースが多くなっているのです。

このため、外出しやすいように玄関から門までにスロープを設置しているケースも多く見られるようになりました。

しかし、部屋を出て、すぐにスロープの傾斜があると、出入りの際に非常に危険です。
そのため、窓の前はウッドデッキなどで水平面を確保しておき、その横を沿うようにスロープを設置すると出入りの際の安全が増します。

また、スロープを下りきったところには「昇降時に滑りにくく段差を軽減するスロープスターターを置く」「スロープの両サイドには落下防止のために手すりや立ち上がり部分を設ける」ことで、より使いやすいスロープとなるでしょう。

家と庭をつなぐウッドデッキで段差をなくす

ウッドデッキを設置することは、屋内から屋外へ出る際の段差解消にも役立ちます。

車いす利用者や高齢者・小さな子どもにとっては、ほんの少しの段差でも転倒の原因や移動の障害になるなど危険が潜んでいます。
特に車いす利用者や高齢者は段差に気を遣いながら生活をしていると、だんだんと移動が面倒になって室内にこもりがちになってしまいます。

ウッドデッキ

そのためにも、室内のバリアフリーだけでなく、屋外にも目を向けることが必要です。
ウッドデッキを設置することによって、リビングや庭をつながった一つの空間として利用することができ、庭がより身近な存在になります。

また、リビングから続く広々とした空間は、テラス屋根やオーニングを併設すれば洗濯干しにも役立つ機能的なスペースになります。家事の負担も軽減できるでしょう。

家族が安心して暮らせるバリアフリー

健常な歩行ができる場合は、段差があることの不便さに気付かないまま過ごしがちです。

しかし、家族に高齢者や車いす利用者、小さなお子様がいる場合は少しの段差でも解消して、家族みんなが安心して快適に過ごせる空間作りを考えていかなくてはなりません。
バリアフリー工事をする場合は、自治体の補助や税の控除が受けられることもあるので前向きに検討してみてはいかがでしょうか。

自然を感じることができる庭へ出ることで、日々の生活の充足度も変わってきます。
屋内だけでなく屋外でもバリアフリー化をし、家族全員が笑顔で過ごすことのできる生活を実現しましょう。

[無料][匿名]たった3分で、ご相談・お見積

個人情報を伝える事なく、リフォーム会社に相談・見積でき、気軽にじっくりと依頼先を探せます。

お客様タイプ別!外構・エクステリアリフォームのポイント!

お客さまのお悩みやリフォームでのポイントを大きく3つの状況に分け、ご紹介いたします。

  • CASE1

    初めてのエクステリア・ガーデン工事
    戸建てを購入したが、生活していくなかで不便な部分が見えてきた。
    詳しくはこちら

    カテゴリ別 丸得情報

  • CASE2

    エクステリアリフォームでもっと快適に
    生活スタイルが変化した事で、新たな要望・悩みが出てきた。
    詳しくはこちら

    カテゴリ別 丸得情報

  • CASE3

    憧れのエクステリア空間を楽しむ
    ワンランク上のリフォームで、思い描いた魅力的な居住空間を手に入れる。
    詳しくはこちら

    カテゴリ別 丸得情報

『外構』『エクステリア』リフォーム総合情報ページはこちら

「こんなリフォームがしたい!」と思ったら

リフォームの具体的なイメージができたら、まずはエクステリアリフォームのプロに相談しましょう!

リフォーム会社を自分だけで探すのはとても大変。
何社ものリフォーム会社を家に呼ぶのは少し不安。

住まいと暮らしの総合住生活企業のLIXIL運営エクステリアリフォームの専門家をご紹介できるリフォームコンタクトに相談ください!

エクステリアリフォームでリフォームコンタクトが選ばれる3つの安心ポイント!

ポイント1

住まいと暮らしの総合住生活企業のLIXIL運営厳しい加盟店審査をクリアしたリフォーム会社の中から最大8社をご紹介。

LIXILって?
住まいのトップブランドがひとつになって生まれた会社だからこそ提供できる優れた製品とサービスを提供できます。

あなたのリフォームをもっと魅力的に!

LIXILならではの
デザイン・機能性にこだわったエクステリアリフォーム商品も紹介できるんです。

  • カーポート

    アーキフィールド
    カーポートの他、ガーデニング空間や玄関アプローチとしても活用できます。
  • 門まわり

    ライシスフェンス
    デザインもサイズも選べるから、門扉や車庫まわりのコーディネートが自在です。
  • バルコニー

    ビューステージSスタイル
    豊富なバリエーションであらゆる住宅に調和するバルコニーです。
  • ガーデンテラス

    樹の木テラス
    ウッドデッキに屋根をつけて、晴れの日も雨の日も心地よい空間に。

ポイント2 だれでも簡単操作のマイページで検討匿名で自分のペースでエクステリアリフォーム会社を選べるのでとっても安心!

リフォームコンタクトなら匿名で相談ができるのでしつこい営業がなく、
お断りするのも簡単。24時間自分のペースで納得できる
リフォーム会社をえらぶことができます。

マイページの便利な使い方

ポイント3 保険制度が充実リフォーム瑕疵保険を使えるから安心!

厳選されたリフォーム会社のみをご紹介しておりますが万が一の欠陥等の不具合には、
無償で直してもらえる瑕疵保険が使えます。工事完了後もしっかりサポートするので安心です。

瑕疵保険って?
リフォーム瑕疵保険とは、リフォーム時の検査と保証がセットになった保証制度です。リフォーム工事の施工中や工事完了後に、第三者検査員 (建築士)による現場検査を行います。また、後日、工事に欠陥が見つかった場合は、無償で直してもらうことができます。

建築士(第三者機関)による検査 リフォーム工事の補修費をまかなう保険金

矢印

匿名でご相談・お見積

個人情報を伝える事なく、リフォーム会社に相談・見積でき、気軽にじっくりと依頼先を探せます。


  • リフォームコンタクトが選ばれる3つのポイント
  • ポイントその1 総合住生活企業のLIXIL(リクシル)が運営するサイト
  • ポイントその2 お探し方法は2つ。お好みに合わせて無料でご相談可。
  • ポイントその3 リフォーム瑕疵保険を使うことができる!

個人情報をSSLで暗号化し、
保護しておりますので、安心
してご利用いただけます。
地域でリフォーム会社を検索されたい方はこちらから

リフォームコンタクトでは、窓まわりのリフォームなど、審査基準をクリアーした
リフォーム会社をご紹介いたします。