無料でかんたん! まずは相談・見積

  • メニュー
  • マイページ
リフォームコンタクトTOP > 外構・エクステリアリフォーム > 庭・テラス > 中庭のある家をつくるには?活用例や間取りをご紹介
外構・エクステリアリフォームまる得情報 庭・テラス編エクステリアリフォームのポイントやアドバイス等のお得な情報を、LIXIL運営のリフォームコンタクトならではのプロの視点から、お客様のお家のシチュエーションに分けて発信します。是非リフォームの前情報としてご活用ください。 門まわり フェンス カーポート 車庫まわり 庭・テラス
外構・エクステリアリフォームまる得情報 門まわり編エクステリアリフォームのポイントやアドバイス等のお得な情報を、LIXIL運営のリフォームコンタクトならではのプロの視点から、お客様のお家のシチュエーションに分けて発信します。是非リフォームの前情報としてご活用ください。
  • 門まわり
  • 庭・テラス
  • カーポート 車庫まわり
  • フェンス

中庭のある家をつくるには?
活用例や間取りをご紹介

中庭がある家はおしゃれに見え、暮らしにゆとりをもたらしてくれるような印象を受けますが、一方で、「土地が狭いから中庭はつくれない」と諦めてしまっていたり、「お手入れが大変そう」と思ったりしている方も多いかもしれません。

そこで、今回は中庭のメリット、デメリットや、狭い土地でも中庭のような空間をつくれるアイデア、そして、お手入れ簡単な中庭を実現するリフォーム方法などをご紹介します。

中庭のある家の暮らしは?

中庭とは

そもそも中庭とは、どんな庭のことを言うのでしょうか。
一般的には、建物や壁に囲まれ、屋根がない庭のことを「中庭」と呼びます。歴史は古く、中庭のある建築物は世界各地にあります。広さや形式などはさまざまで、決まった様式があるわけではありませんが、一戸建ての住宅では、コの字型やロの字型の建物に配置される例が多く見られます。

中庭のメリット

中庭のメリットとして、次の3点を挙げることができます。

・全ての部屋からアクセスできる
・建物に囲まれているのでプライバシーを確保できる
・風通しが良くなる

中庭は、各部屋に囲まれたスペースとなるため、どの部屋からもアクセスがしやすいという点は大きなメリットといえます。外部空間でありながら、隣家や通りを歩く人からの視線にさらされにくく、プライバシーを確保することもできます。

そして、もう一つのメリットは通風です。一般的な一戸建てでは、窓を開放しても家の中の空気を全て入れ替えるのは容易ではありません。ところが、中庭があれば、あっという間に空気の入れ替えが完了します。新鮮な空気を取り込めば、家独特の匂いがこもりにくく、来客に不快な思いをさせることも少なくなります。

中庭をつくる場合に考えておかなければいけないこと

一方、中庭を設けるにあたって注意点があるのも事実です。

・コストの問題
まずは、建築コストの上昇が挙げられます。中庭部分は屋根工事の必要はないものの、屋外に接する外壁部分の面数が、4か所から8か所に増加します。その分、塗装する化粧材のコストアップにつながります。

・虫の発生源に
中庭は湿気が高まりやすく、庭自体が虫の発生源になりやすい場所だといえます。

・手入れに手間がかかる
中庭は、普通の庭と同じように手入れの手間はかかるものです。常に部屋から見える環境にあるため、手入れの仕方によっては、荒れ放題が気になる事態になることもあります。

庭を中庭にする
リフォーム方法

平屋の庭を中庭にするには

平屋に中庭を取り入れると、2階建てや3階建てに比べ、たっぷりと日光を取り入れることができ、より解放感を味わうことができます。

中庭をつくる場合、完全に建物で囲まれたロの字や、一辺だけが外に通じているコの字型の建物が一般的ですが、実は、L字型やI型の建物に中庭をつくることも可能です。建物以外の部分に壁やフェンスなどを設置して庭を囲うことで、中庭を演出することができます。

家の増改築を行わずとも中庭をつくることは可能で、先ほど紹介した中庭のメリットは十分に享受できるのです。

狭小住宅のスペースを中庭に

狭小地ながらも敷地の隅に一坪程度の空間がある場合には、そのスペースを生かすようなリフォームの方法があります。

増改築など大掛かりな変更をしなくても、そのスペースを壁やフェンスなどで囲むだけで中庭に変身させることができます。隣家や道行く人の視線が気になる場合は、背の高いフェンスなどを設置することで、プライバシーを確保できるなど、中庭のメリットを享受することができます。

すでに中庭がある場合の
リフォーム方法

ステップ3:タイルデッキにする

中庭の雑草のお手入れはなかなか大変なものです。時間をゆっくり取れない方ならば、地面をタイルデッキにしてしまうのも手です。タイルデッキにすることで、部屋と中庭との段差がなくなり、部屋から出やすくなります。

カラーはアイボリーなどを選べば、一気に明るい印象の中庭が生まれます。

ウッドデッキの中庭

すでにある中庭に、ウッドデッキを設置するのもおすすめです。人間のみならずペットまでもがくつろげる空間を作り出せます。洗濯物干し場としても使えますし、お子さんがおもちゃを広げて遊べる場所にもなります。

ウッドデッキは、昔と比較するとその機能性が格段に向上して、優れた商品がたくさん出ています。

雨に濡れても腐りにくい木製ウッドデッキや、炎天下にさらされてもひび割れやささくれになりにくい素材などがそれです。

実際の商品を一つご紹介しましょう。
LIXILが出している「樹ら楽ステージ」です。

写真を見ればお判りのように、リビングからの段差を極力なくして設置すれば、室内から家族が移動するときもスムーズになります。

目隠しフェンスで庭をほどよく囲うことで中庭化することが可能

現在の住まいに中庭がない場合でも、隣家との境界や人通りの多い道路側などに目隠しフェンスを設置するだけで、そのスペースを中庭化することができます。プライベート空間が生まれるだけでなく、セキュリティも向上します。外からの視線を遮るためには、ある程度の高さが必要ですが、圧迫感のない洗練されたデザインの目隠しフェンスが多数あります。バリエーションも豊富なので、設置場所や好みに合わせて選ぶことができます。

目隠しフェンスについて詳しく知りたい方は以下の記事をご参照ください。
「どこまで必要?目隠しフェンスの設置場所と高さ」

中庭は住宅密集地に
おすすめ!中庭の活用方法

アウトドアリビング

ここからは、中庭の活用法についてご紹介します。

例えば、リビングから中庭に通じる部分にウッドデッキを設置してみましょう。できればリビングとの段差をなくして工事をすれば、室内リビングから外へとつながるアウトドアリビングが生まれます。

好天であればそのウッドデッキの上に椅子を置いてのんびりしてもいいですし、ハンモックを吊るしてお昼寝をしてもいいかもしれません。密集した住宅地でも人目を気にせず日光を浴びながらくつろぐことができます。とにかくアウトドアリビングは生活そのものを変えると言っていいほどのアイテムです。

プライベートな遊び場

中庭は遊び場としても最適です。子どもはもちろんですが大人にとっても遊び場としての機能性を備えています。

中庭が家族の遊び場として優れているポイントには以下のようなものがあります。

・安全性・プライベート性
外部からの視線がほとんどないので、小さな子どもを好き放題に遊ばせる空間として最適ですし、部屋のどこにいてもその姿を見ることができるので大人も安心できます。

・ラフな服装で過ごせる
このプライベート性は大人にとっても好都合です。ラフな格好でもそのまま気兼ねなく庭に出ることができるのです。

・ペットにも最適
こんな素晴らしい空間は人間の独占空間ではなく、ペットにとっても格好の遊び場所となります。もしワンちゃんを飼っているならば、ここでひなたぼっこをさせることもできます。

大人、子ども、ペットと家族全員のリラックススペースになる中庭ですが、できれば足の洗い場やシンクがあるとその利便性と使い勝手はさらに増します。大人ならば手洗いだけでもいいかもしれませんが、子どもやペットは足も汚すことがあります。こういった場合を考えると足洗い場も併設するとなお便利です。

癒しの空間

日本ではまだまだ少ないですが、ヨーロッパのカフェに行くと、多くの人が陽の当たるテラス席に座り、その一方で店内席はガラガラという場面によく出会います。

中庭にイスとテーブルを置けば、そんなオープンカフェの雰囲気を自宅で実践できるわけです。これ以上の癒し空間があるでしょうか。マンション住まいの私はベランダで何とかがんばっていますが、一戸建ての開放的な中庭には絶対に勝てません。うらやましい限りです。

癒しの要素はまだあります。中庭で寝転がり空を見上げることはもちろんできますが、空気の澄んだ冬ならば夜空の星を眺めながら晩酌をするのもいいでしょう。冬の夜は寒いですが、こたつを引っ張り出して、そこを陣地にして籠城するのも素敵な癒しだと思いますよ。

まとめ

このように中庭は癒しの空間を簡単に創出できます。しかも、ウッドデッキをつくれば屋外リビングとしての場所にもなるのです。安全面にも触れてきましたが、小さな子どもがいても目が行き届いて安心ですし、ペットが道路に飛び出すような心配もありません。

室内の採光も取れ、通風までもが確保できる中庭ライフを、ぜひ、実現させてほしいと思っています。

筆者:森 雅樹
(もり・まさき)

森住宅コンサルタント株式会社、
代表取締役。大手ハウスメーカーで戸建て住宅営業を経験。
退職後は都内の零細工務店において戸建て営業とリフォーム営業に従事。
その後、森住宅コンサルタント株式会社を興して独立。
現在は住宅会社と消費者向けの講演、執筆、コンサルティング活動を行う。

[無料][匿名]たった3分で、ご相談・お見積

個人情報を伝える事なく、リフォーム会社に相談・見積でき、気軽にじっくりと依頼先を探せます。

こんなリフォームしたい!と思ったら。まずはリフォームコンタクトに相談 リフォームコンタクトなら個人情報を伝えずに、たった3分で相談・見積が可能です!
匿名でご相談・お見積

個人情報を伝える事なく、リフォーム会社に相談・見積でき、気軽にじっくりと依頼先を探せます。

お客様タイプ別!外構工事・エクステリアリフォームのポイント!

お客さまのお悩みやリフォームでのポイントを大きく3つの状況に分け、ご紹介いたします。

  • CASE1

    初めてのエクステリア・ガーデン工事
    戸建てを購入したが、生活していくなかで不便な部分が見えてきた。
    詳しくはこちら

    カテゴリ別 丸得情報

  • CASE2

    エクステリアリフォームでもっと快適に
    生活スタイルが変化した事で、新たな要望・悩みが出てきた。
    詳しくはこちら

    カテゴリ別 丸得情報

  • CASE3

    憧れのエクステリア空間を楽しむ
    ワンランク上のリフォームで、思い描いた魅力的な居住空間を手に入れる。
    詳しくはこちら

    カテゴリ別 丸得情報

お客様タイプ別!外構工事・エクステリアリフォームのポイント!

お客さまのお悩みやリフォームでのポイントを 大きく3つの状況に分け、ご紹介いたします。

  • CASE1

    初めてのエクステリア・ガーデン工事
    戸建てを購入したが、生活していくなかで不便な部分が見えてきた。
    詳しくはこちら

    カテゴリ別 丸得情報

  • CASE2

    エクステリアリフォームでもっと快適に
    生活スタイルが変化した事で、新たな要望・悩みが出てきた。
    詳しくはこちら

    カテゴリ別 丸得情報

  • CASE3

    憧れのエクステリア空間を楽しむ
    ワンランク上のリフォームで、思い描いた魅力的な居住空間を手に入れる。
    詳しくはこちら

    カテゴリ別 丸得情報

目的別!外構工事・エクステリアリフォームのノウハウ情報!目的別!外構工事・エクステリアリフォームのノウハウ情報!

情報情報

『外構』『エクステリア』リフォーム総合情報ページはこちら庭・テラス

「こんなリフォームがしたい!」と思ったら

リフォームの具体的なイメージができたら、まずはエクステリアリフォームのプロに相談しましょう!

リフォーム会社を自分だけで探すのはとても大変。
何社ものリフォーム会社を家に呼ぶのは少し不安。

住まいと暮らしの総合住生活企業のLIXIL運営エクステリアリフォームの専門家をご紹介できるリフォームコンタクトに相談ください!

「こんなリフォームがしたい!」と思ったら リフォームの具体的なイメージができたら、まずはエクステリアリフォームのプロに相談しましょう! 実現したいイメージをプロに相談することでご予算にあったリフォームプランを提案・アドバイスいたします。 多くの方のお悩み リフォーム会社を自分だけで探すのはとても大変。何社ものリフォーム会社を家に呼ぶのは少し不安。 そんなお客様には・・・ 住まいと暮らしの総合住生活企業のLIXIL運営エクステリアリフォームの専門家をご紹介できる リフォームコンタクトに相談ください!

エクステリアリフォームでリフォームコンタクトが選ばれる3つの安心ポイント!

ポイント 1 住まいと暮らしの総合住生活企業のLIXIL運営厳しい加盟店審査をクリアしたリフォーム会社の中から最大5社をご紹介。 トップブランドの集合体だから安心して検索できる LIXILって? 住まいのトップブランドがひとつになって生まれた会社だからこそ提供できる優れた製品とサービスを提供できます。 あなたのリフォームをもっと魅力的に! LIXILならではのデザイン・機能性にこだわったエクステリアリフォーム商品も紹介できるんです。

ポイント1

住まいと暮らしの総合住生活企業のLIXIL運営厳しい加盟店審査をクリアしたリフォーム会社の中から最大8社をご紹介。

LIXILって?
住まいのトップブランドがひとつになって生まれた会社だからこそ提供できる優れた製品とサービスを提供できます。

あなたのリフォームをもっと魅力的に!

LIXILならではの
デザイン・機能性にこだわったエクステリアリフォーム商品も紹介できるんです。

  • カーポート

    アーキフィールド
    カーポートの他、ガーデニング空間や玄関アプローチとしても活用できます。
  • 門まわり

    ライシスフェンス
    デザインもサイズも選べるから、門扉や車庫まわりのコーディネートが自在です。
  • バルコニー

    ビューステージSスタイル
    豊富なバリエーションであらゆる住宅に調和するバルコニーです。
  • ガーデンテラス

    樹の木テラス
    ウッドデッキに屋根をつけて、晴れの日も雨の日も心地よい空間に。

ポイント2 だれでも簡単操作のマイページで検討匿名で自分のペースでエクステリアリフォーム会社を選べるのでとっても安心!

リフォームコンタクトなら匿名で相談ができるのでしつこい営業がなく、
お断りするのも簡単。24時間自分のペースで納得できる
リフォーム会社をえらぶことができます。

マイページの便利な使い方

ポイント3 保険制度が充実リフォーム瑕疵保険を使えるから安心!

厳選されたリフォーム会社のみをご紹介しておりますが万が一の欠陥等の不具合には、
無償で直してもらえる瑕疵保険が使えます。工事完了後もしっかりサポートするので安心です。

瑕疵保険って?
リフォーム瑕疵保険とは、リフォーム時の検査と保証がセットになった保証制度です。リフォーム工事の施工中や工事完了後に、第三者検査員 (建築士)による現場検査を行います。また、後日、工事に欠陥が見つかった場合は、無償で直してもらうことができます。

建築士(第三者機関)による検査 リフォーム工事の補修費をまかなう保険金

ポイント 2 だれでも簡単操作のマイページで検討匿名で自分のペースでエクステリアリフォーム会社を選べるのでとっても安心! 匿名だから相談しやすくて、断りやすい。自分にぴったりなリフォーム会社を自分のペースで選べる! リフォームコンタクトなら匿名で相談ができるのでしつこい営業がなく、お断りするのも簡単。24時間自分のペースで納得できるリフォーム会社をえらぶことができます。マイページの便利な使い方ポイント 3 保険制度が充実リフォーム瑕疵保険を使えるから安心! 工事完了後もしっかりサポート 厳選されたリフォーム会社のみをご紹介しておりますが万が一の欠陥等の不具合には、無償で直してもらえる瑕疵保険が使えます。工事完了後もしっかりサポートするので安心です。瑕疵保険って? リフォーム瑕疵保険とは、リフォーム時の検査と保証がセットになった保証制度です。リフォーム工事の施工中や工事完了後に、第三者検査員 (建築士)による現場検査を行います。また、後日、工事に欠陥が見つかった場合は、無償で直してもらうことができます。 建築士(第三者機関)による検査 リフォーム工事の補修費をまかなう保険金

矢印

匿名でご相談・お見積

個人情報を伝える事なく、リフォーム会社に相談・見積でき、気軽にじっくりと依頼先を探せます。

こんなリフォームしたい!と思ったら。まずはリフォームコンタクトに相談 リフォームコンタクトなら個人情報を伝えずに、たった3分で
相談・見積が可能です!

匿名でご相談・お見積

個人情報を伝える事なく、リフォーム会社に相談・見積でき、気軽にじっくりと依頼先を探せます。


  • リフォームコンタクトが選ばれる3つのポイント
  • ポイントその1 総合住生活企業のLIXIL(リクシル)が運営するサイト
  • ポイントその2 お探し方法は2つ。お好みに合わせて無料でご相談可。
  • ポイントその3 リフォーム瑕疵保険を使うことができる!

個人情報をSSLで暗号化し、
保護しておりますので、安心
してご利用いただけます。
地域でリフォーム会社を検索されたい方はこちらから

リフォームコンタクトでは、窓まわりのリフォームなど、審査基準をクリアーした
リフォーム会社をご紹介いたします。

個人情報をSSLで暗号化し、保護しておりますので、安心してご利用いただけます。