無料でかんたん! まずは相談・見積

  • メニュー
  • マイページ
リフォームコンタクトTOP > 外構・エクステリアリフォーム > フェンス > 庭の目隠しフェンスの選び方、価格や施工例をご紹介
外構・エクステリアリフォームまる得情報 庭・テラス編エクステリアリフォームのポイントやアドバイス等のお得な情報を、LIXIL運営のリフォームコンタクトならではのプロの視点から、お客様のお家のシチュエーションに分けて発信します。是非リフォームの前情報としてご活用ください。 門まわり 庭・テラス カーポート 車庫まわり フェンス
外構・エクステリアリフォームまる得情報 門まわり編エクステリアリフォームのポイントやアドバイス等のお得な情報を、LIXIL運営のリフォームコンタクトならではのプロの視点から、お客様のお家のシチュエーションに分けて発信します。是非リフォームの前情報としてご活用ください。
  • 門まわり
  • 庭・テラス
  • カーポート 車庫まわり
  • フェンス

プライベートな空間を確保したいとき、庭にフェンスを設置しようと考える人は多いでしょう。アメリカなど目隠しフェンスをつくらない文化の国や、オランダのように夜でもカーテンを開けて室内の様子が見られてもいい国もあります。

日本は、昔はブロック塀や高い塀などがありましたが、今日はあまり見られない為、都心の密集地には仕切りの意味でも大なり小なり必須でしょう。夜に外から丸見えになるリビングでは落ち着けません。
また、近隣に威圧感を与えるような目隠しフェンスはトラブルの元にもなります。目的に合った上、周囲と調和が取れる失敗しないフェンスの選び方をご紹介します。

目隠しフェンスの
目的は?敷地の
明示化やプライバシー、
安全対策の確保

敷地の明示化。境界を明確にしてトラブルを防ぐ

フェンスを設置する目的はいくつかありますが、敷地を明確化するのもその一つです。広い敷地が取りにくい土地は、フェンスがないと”お隣の鉢植えが微妙にこちらへせり出してしまう”などに神経を尖らせることになります。
また、土や砂といったものがお隣の敷地に飛んでしまったときに、気まずくなったり、気難しい隣人ですと大きな問題になったりしかねません。

しかし、フェンスがあれば土や砂が飛んでいくことをある程度防ぐことができますし、逆にお隣から何かが飛んでくることもある程度防ぐことが可能になります。自分とお隣の敷地を視覚的に明確化できるのがフェンスの役割になるのです。

もう一つ挙げるとすれば、道路との境を明確にすることです。敷地と道路は接しているので、毎日のように人が通っていきます。角地にあるお宅によくあるトラブルですが、フェンスがないと角の部分をショートカットして歩く人が出てきます。何となくすっきりしない気分になるでしょう。

目隠し。周囲からの視線を防ぎ、プライバシーを確保

目隠しフェンスですから、その主な目的は周囲からの視線隠し。フェンスがないと夜はもちろん、昼間でも家の中が外から丸見えになってしまいます。悪意がなかったとしても通りかかったらつい見てしまいますからね。

このように目隠しをすることによって、プライベート空間が生まれます。庭の面積はそれぞれの家庭によって異なりますが、面積の大小に関わらずせっかくのプライベート空間を活用しましょう。

リラックスするためにも目隠しフェンスは重要です。人の目を気にしないでハンモックを吊るしてくつろいだり、ガーデニングをゆっくり楽しんだりすることができますよ。

防犯、安全対策。外部からの侵入や子どもやペットの飛び出しを防ぐ

さらに大事なのは、防犯と安全対策です。当然ですが、防犯つまり泥棒対策は欠かせない重要ポイントの一つです。泥棒とは単なる空き巣から強盗、性犯罪の可能性も考えなくてはいけません。

防犯面を考えると、侵入されにくいのはもちろんですが、ある程度の透過性も必要になってきます。そして、これも大事なポイントですが、子どものいたずら防止も考えておくべきでしょう。

また、幼稚園児くらいの小さな子どもがいる場合、いくら言い聞かせていても敷地内から道路へ飛び出す危険性があります。

飛び出しといえばペットも要注意です。通行人や車などめがけて突然走り出すことも考えられます。ペットはもちろん、自転車などに激突して転倒やけがをさせてしまったら大変なことになるでしょう。
しっかりとしたフェンスを設置するのに合わせて、ドッグランをつくるのも夢がある話ですので、愛犬家の皆さんは一考の余地ありですよ。

目隠しフェンスの選び方
3ステップ

ステップ1:目的を明確にし、フェンスの高さを決める

フェンス設置で最初に考えなくてはいけないのはフェンスの高さでしょう。これは目的によります。
通行人からの目線を遮りたいのであれば、180cm程度は欲しいですね。日本人の平均身長を考えると、この高さを確保すればほぼ間違いないでしょう。

完全な目線の遮断を考えていない場合はどうでしょうか。たとえば、ペットや小さな子どもがいるならば、高さは身長以上もあれば十分です。この高さがあれば、外への飛び出しも防げて、道路と敷地を分けることができるのでおすすめです。

高いフェンスで圧迫感を感じる場合は、植栽を加えることにより周囲の景観がよくなるでしょう。
また、防犯面を考えるとある程度の透過性も必要になってきます。透過性がない目線の完全遮断は、侵入されたときに外部から気付かれにくいのでおすすめできません。

ステップ2:敷地内の状況確認

次に、建物と道路までの距離を確認しましょう。敷地内のスペースによって、フェンスの仕様が限られてきます。

■スペースが取れない場合
建物と道路の距離がほとんどない場合は、境界を明確にするためにフェンスだけを建てましょう。本来ならば少し奥行きを意識したフェンスがいいのですが、こればかりはやむを得ません。

■多少スペースの取れる場合

フェンスを境界線から少し家側に入れたところにフェンスを設置します。そして、フェンスの外側に植栽するときれいに見えますよ。奥行きも出ますので、多少予算は膨らみますがすてきなフェンスになります。

■スペースに余裕がある場合

さらに余裕があるならば、内側に生け垣を設けた上で外側には植栽をします。このパターンができるならば最高です。
このようにフェンスをつくる場合には、建物から道路までの距離がとても大事になるのです。

ステップ3:フェンスの素材や色などデザインを決める

フェンスの高さが同じでも、素材や色が違うと印象が変わってきます。まずは素材についてご紹介しましょう。

アルミタイプ 一般的なエクステリア素材です。最も安価な素材になります。
アルミ+ラッピング材 アルミ材にシールを貼り付けたものですが、カラーバリエーションがありおしゃれな素材です。
色の選択が多い分自分の好みに合ったデザインを楽しむことができます。
木質樹脂タイプ 天然木ではないですが、見た目が天然に近い感じがします。
木より耐久性が高く、木の風合いを出しながら強度を保ちたい方にはおすすめです
ポリガーボネートタイプ イメージはスリガラス調の板状パネルです。面状ですが、スリガラスなので採光性があります。
もちろん目隠し効果も高い商品といえます。
人口竹タイプ 主に和風住宅に似合う素材といえます。和風の庭園やお風呂前の目隠しにも最適です。
木タイプ 比較的コストが低い素材ですが、メンテナンスが大変という面があります。
風雨にさらされるので、安いウッド素材を使うと傷みが早くなるでしょう。
メッシュタイプ 植栽と組み合わせることで目隠しにもなります。
植栽は棘のある植物を使うと防犯効果が高まります。

次にフェンスの色ですが、家屋や周囲の雰囲気に合わせて選ぶとよいでしょう。
1:ダーク系

2:ホワイト系

どの色を選ぶのかは好みがありますが、ダーク系だと植栽と色が重なり、一見フェンスがなくて天然木が自然な感じに見えます。逆にホワイト系だと植栽との対比がはっきりして、フェンスの存在を際立たせるので防犯の効果を高めるでしょう。

失敗を未然に防ぐ!
フェンス選びのコツ

設置場所にあったフェンスを選ぶ

フェンス選びで失敗しないためには、設置場所に適した商品を選ぶのが大鉄則です。
人通りがあり道路に面している表側には、目線を遮る高さを備えながらも、防犯性を考えたある程度中が見えるものがよいです。ただし、あまりに突飛なデザインや素材は周囲との調和を乱すので要注意。

リビング側は視線を考慮しながら、採光性も重視しましょう。視線を遮るあまりリビングが暗くなっては意味がありません。
庭と道路との境界に設置する生け垣などは、自身が庭に立ち、外の通行者と目線が合わない高さを測って決めることを推奨します。
最後はお風呂。お風呂内の照明によって入浴中のシルエットが見えないような素材を選びましょう。

環境や近隣住宅を考慮する

フェンスを設置することで、隣家との境界線以外にも近隣とのトラブルも避けなくてはなりません。特に採光には注意が必要。フェンスにより、隣家が暗くならないように考慮しましょう。また、採光問題が生じなくても、威圧的なフェンスや色があまりに派手なものなど周囲との調和を乱すものも避けるべきです。

【コラム】
庭に野良猫が来るのを
防ぎたい!
解決策はミニフェンス

近隣トラブルも防犯や安全対策などに問題はないけれど、野良猫が来るので庭が汚れて困ってしまうこともありますよね。侵入対策として、猫除けグッズやハッカ、ハーブなどにおいがきついものをまいても効果に疑問符がつくようです。

おすすめなのは、なるべく隙間のないフェンスです。高さもある程度は欲しいですよね。また、すでに設置してあるフェンスにミニフェンスを追加設置すると、野良猫の侵入防止と防犯対策にもなるでしょう。

筆者:森 雅樹
(もり・まさき)

森住宅コンサルタント株式会社、
代表取締役。大手ハウスメーカーで戸建て住宅営業を経験。
退職後は都内の零細工務店において戸建て営業とリフォーム営業に従事。
その後、森住宅コンサルタント株式会社を興して独立。
現在は住宅会社と消費者向けの講演、執筆、コンサルティング活動を行う。

[無料][匿名]たった3分で、ご相談・お見積

個人情報を伝える事なく、リフォーム会社に相談・見積でき、気軽にじっくりと依頼先を探せます。

こんなリフォームしたい!と思ったら。まずはリフォームコンタクトに相談 リフォームコンタクトなら個人情報を伝えずに、たった3分で相談・見積が可能です!
匿名でご相談・お見積

個人情報を伝える事なく、リフォーム会社に相談・見積でき、気軽にじっくりと依頼先を探せます。

お客様タイプ別!外構工事・エクステリアリフォームのポイント!

お客さまのお悩みやリフォームでのポイントを大きく3つの状況に分け、ご紹介いたします。

  • CASE1

    初めてのエクステリア・ガーデン工事
    戸建てを購入したが、生活していくなかで不便な部分が見えてきた。
    詳しくはこちら

    カテゴリ別 丸得情報

  • CASE2

    エクステリアリフォームでもっと快適に
    生活スタイルが変化した事で、新たな要望・悩みが出てきた。
    詳しくはこちら

    カテゴリ別 丸得情報

  • CASE3

    憧れのエクステリア空間を楽しむ
    ワンランク上のリフォームで、思い描いた魅力的な居住空間を手に入れる。
    詳しくはこちら

    カテゴリ別 丸得情報

お客様タイプ別!外構工事・エクステリアリフォームのポイント!

お客さまのお悩みやリフォームでのポイントを 大きく3つの状況に分け、ご紹介いたします。

  • CASE1

    初めてのエクステリア・ガーデン工事
    戸建てを購入したが、生活していくなかで不便な部分が見えてきた。
    詳しくはこちら

    カテゴリ別 丸得情報

  • CASE2

    エクステリアリフォームでもっと快適に
    生活スタイルが変化した事で、新たな要望・悩みが出てきた。
    詳しくはこちら

    カテゴリ別 丸得情報

  • CASE3

    憧れのエクステリア空間を楽しむ
    ワンランク上のリフォームで、思い描いた魅力的な居住空間を手に入れる。
    詳しくはこちら

    カテゴリ別 丸得情報

目的別!外構工事・エクステリアリフォームのノウハウ情報!目的別!外構工事・エクステリアリフォームのノウハウ情報!

情報情報

『外構』『エクステリア』リフォーム総合情報ページはこちら庭・テラス

「こんなリフォームがしたい!」と思ったら

リフォームの具体的なイメージができたら、まずはエクステリアリフォームのプロに相談しましょう!

リフォーム会社を自分だけで探すのはとても大変。
何社ものリフォーム会社を家に呼ぶのは少し不安。

住まいと暮らしの総合住生活企業のLIXIL運営エクステリアリフォームの専門家をご紹介できるリフォームコンタクトに相談ください!

「こんなリフォームがしたい!」と思ったら リフォームの具体的なイメージができたら、まずはエクステリアリフォームのプロに相談しましょう! 実現したいイメージをプロに相談することでご予算にあったリフォームプランを提案・アドバイスいたします。 多くの方のお悩み リフォーム会社を自分だけで探すのはとても大変。何社ものリフォーム会社を家に呼ぶのは少し不安。 そんなお客様には・・・ 住まいと暮らしの総合住生活企業のLIXIL運営エクステリアリフォームの専門家をご紹介できる リフォームコンタクトに相談ください!

エクステリアリフォームでリフォームコンタクトが選ばれる3つの安心ポイント!

ポイント 1 住まいと暮らしの総合住生活企業のLIXIL運営厳しい加盟店審査をクリアしたリフォーム会社の中から最大5社をご紹介。 トップブランドの集合体だから安心して検索できる LIXILって? 住まいのトップブランドがひとつになって生まれた会社だからこそ提供できる優れた製品とサービスを提供できます。 あなたのリフォームをもっと魅力的に! LIXILならではのデザイン・機能性にこだわったエクステリアリフォーム商品も紹介できるんです。

ポイント1

住まいと暮らしの総合住生活企業のLIXIL運営厳しい加盟店審査をクリアしたリフォーム会社の中から最大8社をご紹介。

LIXILって?
住まいのトップブランドがひとつになって生まれた会社だからこそ提供できる優れた製品とサービスを提供できます。

あなたのリフォームをもっと魅力的に!

LIXILならではの
デザイン・機能性にこだわったエクステリアリフォーム商品も紹介できるんです。

  • カーポート

    アーキフィールド
    カーポートの他、ガーデニング空間や玄関アプローチとしても活用できます。
  • 門まわり

    ライシスフェンス
    デザインもサイズも選べるから、門扉や車庫まわりのコーディネートが自在です。
  • バルコニー

    ビューステージSスタイル
    豊富なバリエーションであらゆる住宅に調和するバルコニーです。
  • ガーデンテラス

    樹の木テラス
    ウッドデッキに屋根をつけて、晴れの日も雨の日も心地よい空間に。

ポイント2 だれでも簡単操作のマイページで検討匿名で自分のペースでエクステリアリフォーム会社を選べるのでとっても安心!

リフォームコンタクトなら匿名で相談ができるのでしつこい営業がなく、
お断りするのも簡単。24時間自分のペースで納得できる
リフォーム会社をえらぶことができます。

マイページの便利な使い方

ポイント3 保険制度が充実リフォーム瑕疵保険を使えるから安心!

厳選されたリフォーム会社のみをご紹介しておりますが万が一の欠陥等の不具合には、
無償で直してもらえる瑕疵保険が使えます。工事完了後もしっかりサポートするので安心です。

瑕疵保険って?
リフォーム瑕疵保険とは、リフォーム時の検査と保証がセットになった保証制度です。リフォーム工事の施工中や工事完了後に、第三者検査員 (建築士)による現場検査を行います。また、後日、工事に欠陥が見つかった場合は、無償で直してもらうことができます。

建築士(第三者機関)による検査 リフォーム工事の補修費をまかなう保険金

ポイント 2 だれでも簡単操作のマイページで検討匿名で自分のペースでエクステリアリフォーム会社を選べるのでとっても安心! 匿名だから相談しやすくて、断りやすい。自分にぴったりなリフォーム会社を自分のペースで選べる! リフォームコンタクトなら匿名で相談ができるのでしつこい営業がなく、お断りするのも簡単。24時間自分のペースで納得できるリフォーム会社をえらぶことができます。マイページの便利な使い方ポイント 3 保険制度が充実リフォーム瑕疵保険を使えるから安心! 工事完了後もしっかりサポート 厳選されたリフォーム会社のみをご紹介しておりますが万が一の欠陥等の不具合には、無償で直してもらえる瑕疵保険が使えます。工事完了後もしっかりサポートするので安心です。瑕疵保険って? リフォーム瑕疵保険とは、リフォーム時の検査と保証がセットになった保証制度です。リフォーム工事の施工中や工事完了後に、第三者検査員 (建築士)による現場検査を行います。また、後日、工事に欠陥が見つかった場合は、無償で直してもらうことができます。 建築士(第三者機関)による検査 リフォーム工事の補修費をまかなう保険金

矢印

匿名でご相談・お見積

個人情報を伝える事なく、リフォーム会社に相談・見積でき、気軽にじっくりと依頼先を探せます。

こんなリフォームしたい!と思ったら。まずはリフォームコンタクトに相談 リフォームコンタクトなら個人情報を伝えずに、たった3分で
相談・見積が可能です!

匿名でご相談・お見積

個人情報を伝える事なく、リフォーム会社に相談・見積でき、気軽にじっくりと依頼先を探せます。


  • リフォームコンタクトが選ばれる3つのポイント
  • ポイントその1 総合住生活企業のLIXIL(リクシル)が運営するサイト
  • ポイントその2 お探し方法は2つ。お好みに合わせて無料でご相談可。
  • ポイントその3 リフォーム瑕疵保険を使うことができる!

個人情報をSSLで暗号化し、
保護しておりますので、安心
してご利用いただけます。
地域でリフォーム会社を検索されたい方はこちらから

リフォームコンタクトでは、窓まわりのリフォームなど、審査基準をクリアーした
リフォーム会社をご紹介いたします。

個人情報をSSLで暗号化し、保護しておりますので、安心してご利用いただけます。